ダイエット法の一つに「EMSダイエット」があります。EMS(Electrical Muscle Stimulation)を利用したダイエットについて説明しています。

EMSを利用したダイエット

EMSダイエットは、器具を使ったダイエットです

  

ダイエットでポイントとなる筋肉の強化したり、体内の脂肪が燃えやすい環境を作るために、電気的刺激を与える装置がEMSです。

そもそも、筋肉は電気刺激を受け取ることで動いている部分です。筋肉に直接電気を流すことで、実際に体を使わずとも、筋肉を使ったに等しい運動効果をあげるのです。

アスリートが筋肉を鍛えるためや、高齢者やケガからのリハビリを目的として作られたEMSは、医療用の器具として用いられていました。最近では、エステテックサロンなどで痩身用として使用されています。

強制的に筋肉を動かすEMSを使うことで、筋肉を使う時に消費するエネルギー代謝を促進するとされています。ダイエットの効果は、EMSで刺激を与えた部分に現れます。

EMSがあるのは、日本ではスポーツジムや整骨院、あるいは医療施設のダイエット外来などのようです。EMSでのダイエットに関心がある方は、ダイエット外来やエステサロンを訪ねてみるといいでしょう。


EMSのダイエット効果

実際に筋肉を動かした場合と、EMSで筋肉に刺激を与えた場合の差は、どの程度なのでしょう。日頃、筋肉を動かすために筋肉へと届く電気信号は、神経を通過して脳から送られてくるものとされています。

筋肉は脳から送られてきた電気信号の刺激によって、縮まったり伸びたりするという仕組みです。EMSで電気を送る時は、脳からの指示という部分がありません。筋肉に力を入れさせるために必要な電気の信号は、体の表面に取り付けた電極から流し込まれます。

安全性を維持したままで電気を筋肉に流すためには、人工的に作り出せるとはいうものの、あまり強すぎる電気信号にはできません。そのため、EMSで筋肉を運動させる時は、弱い電流でしか体に与えられないという制限があります。

EMSでの電気刺激は限定されているため、筋トレと同じ効果は到底得られません。筋トレには及びませんが、ダイエット効果は期待できるようです。

腹筋では肩や首にまで力を入れて負担を大きくしてしまう人がいますが、EMSではそういうことはありません。ダイエット効果とはまた違ったEMSの利用効果があるといえるでしょう。


自宅で簡単にできるEMSダイエット

EMSダイエットで、ダイエット効果を試すことは、機械を導入している医療機関やジムエステサロンでしか不可能なのでしょうか。決してそんなことはなく、いくつか自宅用のEMSダイエット器具が販売されているので家でも可能です。

どんな方でもダイエットの実践を家できます。それぞれのメーカーによって差がEMSダイエット器具にはあります。比較検討うぃ、各メーカーのEMSダイエット器具の販売サイトでしたほうが良いかもしれません。

メーカーによって操作上の違いやオプションの違いなどはあっても、ダイエット効果に関する大きな違いは、EMSダイエット器具の場合ないのではないでしょうか。多少なりとも、体に電気を流すという性質上、危険がないとはいえません。

最大限にEMSのダイエット効果を発揮させる周波数には無いのが大きな幅だからです。ダイエット効果にも大きな開きは、周波数の差が無いのであまりないといえます。EMSのダイエット効果については、10分間で600回の腹筋運動が出来ると紹介されているならば、1秒間に1回の電気刺激で腹筋が動くという意味です。

一般的に行われている、床に寝た状態から上半身を持ち上げる腹筋運動を600回したと同じダイエット効果が期待できることにはなりません。1Hz〜100Hzに電気パルスの周波数は設定されているようで、ほぼ市販されている低周波治療器と同じ周波数域となります。

EMSダイエットとは、身近で利用されている低周波治療器具の発展的利用法と考えれば分りやすいかも知れません。

Copyright (C) ダイエッターの憂鬱 All Rights Reserved.