ジョギングダイエットは、楽しく走るだけで、ダイエット効果はもちろん生活習慣病の改善や、脳まで活性化するのです。

ジョギングダイエット

ジョギングとダイエット

ジョギングは比較的オーソドックスなダイエット法です。
毎日体を動かすこと、バランスの取れた食事をすることがダイエットでは大前提です。運動によるダイエットは特に重視すべきところです。スポーツや運動をほとんどしていない人がジョギングをすると、あっという間に体重が減ります。


スポンサード・リンク

ダイエットに効果的な有酸素運動

無理な食事制限をしなくても、毎日ジョギングするだけでダイエットに成功したというケースもよくあります。ダイエットに効果的な運動といえば有酸素運動であると言われています。

では、どのような運動が有酸素運動という枠にあてはまるものなのでしょうか。有酸素運動は、大まかに分けて持久力を鍛えられるスポーツや運動が該当するといえます。ウォーキングも有酸素運動に分類されますが、ダイエット効率を考えるのであればジョギングの方が向いているようです。

無理して早いペースで走らなくてもいいですが、早足になるくらいのジョギングはしたいものです。ダイエットに限らず、運動不足解消やストレス対策にジョギングをする人もいます。冬の時期はちょっと気合いがいりますが、気温が温暖になる時期なら気持ちよくウォーキングを始めることができます。

季節が夏に入る前にダイエットをしておけば、自信を持って袖無しの服が着れるというものです。ウォーキングから徐々にジョギングにすれば体に負荷もかかりません。ダイエットのためのジョギングは、隣の人と話をしながらでもできるペースです。仲のいい人や家族と一緒にジョギングをすることで、楽しさも倍増することができます。

効果的なジョギングダイエット

毎日のウォーキングは気分転換にも最適です。ダイエットのためにジョギングをする時は、効率的な減量ができるジョギングを目指しましょう。蓄積された体脂肪を燃焼できるような走り方でジョギングをするようにしましょう。

ダイエットの目的は、体に付いた余分な脂肪を燃焼させることです。脂肪を燃焼させるためには実は準備が必要なのです。持久力を使う運動であることが、有酸素運動がダイエットに適しているゆえんです。とはいえ、体内に蓄積された脂肪が燃えるには20分以上の継続した運動が必要です。運動開始から20分は体をダイエット用に整えている時間といえるでしょう。20分以上の有酸素運動を行うことで、ダイエットの効果が期待できます。

ジョギングダイエットの場合、はじめからペースを上げる必要はありません。後半に体力を取っておくようにしたほうが効果的です。ストレッチやウォーキングで体を慣らし、20〜30分程度で軽いジョギングをスタートします。ダイエットとして効果のある運動です。無理なくできる運動量をコンスタントに続けられるよう、ペース配分をしましょう。

ジョギングダイエットの場合、スピードに慣れてきても早さを上げるよりは走る距離を長くした方が、ダイエットにはいいとされています。きつい運動を毎日続けることができずにダイエットを挫折した経験のある人は、ジョギングダイエットで取り組みやすいダイエットをしてみましょう。

スポンサード・リンク

ジョギングダイエットの注意点

体への負荷も少なく、健康的にダイエットをしたいならばジョギングダイエットが適していますが、気をつけたいこともあります。

ジョギングは、数日でやめてしまうようでは効果が半減ですので、長く続けられるダイエットメニューにします。即座にダイエット効果を得たいのではあれば、他の方法がいいかもしれません。ジョギングダイエットは、心臓病の人など体の状態によって控えた方がいいという方もいますので気をつけましょう。ジョギングは、ウォーキングのような軽い運動と比較すると心臓機能をよく使いますので、そのことが体に良くないという人もいるようです。

ジョギングで健康を損ねてしまう可能性がある人は、かかりつけの医師に話を聞きどこまで可能かを確認します。喘息や花粉症の人も、ジョギングダイエットをする場合は気をつけたいものです。花粉の季節にはマスク着用でジョギングを継続しているという方もいます。ジョギングで息が切れて苦しくなりすぎないようにしてください。

普段スポーツをしない人は、軽いジョギングでも体が慣れるまで筋肉痛になることもあります。無理をせず、ウォーキングなどから徐々にスピードを上げるようにしましょう。運動後の食事はいつもよりおいしく感じられるものですが、ダイエットではカロリーオーバーは厳禁です。

体に負担のかかる厳しい食事制限をする必要はありません。ジョギングダイエットには、日々の習慣としてジョギングをしながら、食事に関しては少しずつ変えていくことで効率を良くすることが可能です。


スポンサード・リンク

Copyright (C) ダイエッターの憂鬱 All Rights Reserved.