縄跳びダイエットの理想的な方法は1日に20~30分程度、毎日欠かさず縄跳びをすることです。もっと理想的な縄跳びのダイエット方法は、1日に1回ではなく朝と晩といった2回に分けて行なうことで、よりダイエット効果があると言われています。

スポンサードリンク

縄跳びダイエットとは

縄跳びでダイエット効果を得るには、1日につき20分~30分の縄跳び運動が効果があります。同じ縄跳びダイエットでも、エアー縄跳びダイエットといって縄跳びをするつもりでジャンプするだけでも、ダイエット効果が期待できるそうです。

ジム入会直後は熱心に通っていたにもかかわらず、時間の経過につれて徐々にジムに足が向かなくなり、やがてはジムでのダイエットをやめるという人もいます。体が慣れるまでは1日5分の縄跳びにしておき、馴染んできたら徐々に時間を伸ばして、最終的に20分くらいできるようにすることが、ダイエットを続けるためのコツです。

縄跳びそのものが激しい運動にはなりませんが、継続した有酸素運動ができます。有酸素運動のダイエット効果によって痩せることが出来るそうです。ダイエットを縄跳びで行う利点は、特別なものがなくても、縄さえあれば用が足りることです。とても安価にスタートできる点も縄跳ダイエットの人気の理由だそうです。

縄跳びは子どもの頃に遊んで以来だという人は少なくないようですが、思った以上に縄跳びは体を使います。ほとんどの場合数十回程度で息が切れて、飛べなくなってしまうでしょう。ダイエットの為だけでなく、運動不足だと感じている人ならば、せひこの機会に健康維持の為に縄跳び運動を試してみてはいかがでしょうか。

縄跳びダイエットの方法

縄跳びは、日常的に使うことが少ない筋肉を使うことにもなります。そのため、縄跳び運動をする前には、しっかりとストレッチ運動をして筋肉を暖めることも重要です。準備運動をきちんとすることで、運動中のケガのリスクも軽減できます。

縄跳び運動で体を痛めることのないよう、忘れず準備運動をしましょう。縄跳びは有酸素運動なので、ダイエットに効果が出るまで行うには、20分は継続することが大事になります。ただし、最初のうちはたくさん跳ぶのではなく無理をせずに続けられる程度のテンポで行い、少しずつ運動量を多くしていきます。

期待通りに体重を減らしたいなら、中途で諦めてしまわずに、可能な範囲の取り組みを長く続けることが大事です。体重が多めの体型の方にとっての縄跳びダイエットは膝への負担が大きい運動でもあり、あまりお勧め出来ないのも事実です。慢性的な膝痛や腰痛を抱えている方も同様です。

もしも膝痛や腰痛が気になる場合は、縄跳び運動ではなく水中ウォーキングなど関節に負担のかからない運動が適しています。縄跳びを習慣化し、できるだけ続けることがダイエットのポイントです。音楽を流しながら縄跳びをしたり、新しい目標を設定したり、変わった跳び方をするなど変化をつけることが縄跳びダイエットの長続きの秘訣です。

縄跳びダイエットの効果的な方法

縄跳びにダイエット効果があるのは、縄跳びをすることで有酸素運動ができるためです。効果的に痩せる条件としては毎日継続して縄跳び運動を行なうことにあります。縄跳びダイエットの効率をより高めるには何をすべきでしょう。ストレッチは筋肉を柔軟にするだけでなく、思わぬ怪我を防ぐ役目も担っています。多少時間がかかっても必ず実践するようにしましょう。

脂肪を燃えやすくする成分が配合されているアミノ酸やαリボ酸のサプリメントを摂取してから、縄跳び運動をすることもいい方法といえるでしょう。年齢による影響や、体内の筋肉が少ないために基礎代謝が低下していると、ダイエットによる脂肪燃焼効果が現れにくくなります。ダイエット効果がなかなか得られない場合には、基礎代謝を上げる手助けをしてくれるサプリメントの併用は効率的にダイエット効果を挙げる方法でもあります。体の怪我の防止の為に、筋肉ストレッチや軽いジョギングやウォーキングを取り入れながら、縄跳びダイエットを組み合わせるのも効果的な方法です。

普段の時間の無い日は、縄跳びダイエットのみ、時間がある日には他の運動と組み合わせましょう。ダイエットを続けるコツは、きつすぎず続けやすい内容にすることです。ダイエットや体力作りだけでなく、毎日の縄跳び運動は精神のリフレッシュや筋肉を増やす作用もあります。健康的なダイエットを成功させるためには、縄跳びダイエットを継続して行うことを実践していただきたいものです。

スポンサードリンク