スポンサードリンク

ストレッチでダイエット

ストレッチは本来、ケガを防止するためにウォーミングアップとして使われることが多い運動です。筋肉や腱に血が巡るように動かすストレッチを運動前にするわけですが、ストレッチはダイエットにも用いられます。

特に、運動不足な生活を送ってきたという人は、ちょっとしたストレッチ運動でも効果的です。いつもはあまり使わない筋肉をストレッチによって刺激することで、新陳代謝を活発にしダイエット効果を促します。

ストレッチは激しい運動でもないので、誰でも簡単に始めてみることができます。

場所を選ばず、いつでもどこでも思い立った時に気軽にやれるのもストレッチの魅力です。テレビを見ながらや家事の合間はもちろんのこと、仕事中でもオフィスワークのちょっとした間などに気分転換を兼ねてストレッチ取り入れることで、運動量も徐々に増加します。

生活習慣の一部にストレッチを入れておくことで、気づくとダイエット効果を得ることが可能です。言うまでもなく、本式のダイエットという形でストレッチに取り組むこともできます。

特になかなかサイズを落としにくい二の腕などを集中してストレッチすれば、体のバランスが良くなることで自然に引き締まった体になります。1週間や10日で体重を減らしたいという人にはストレッチダイエットは合いませんが、体に無理なく長続きさせることで脂肪を少しずつ減らしていきたいという人にはぴったりの方法です。

ストレッチによるダイエットの効果的な方法

ストレッチを続けることでダイエット作用が期待できます

いつでもどんな人でもストレッチはできます。運動としてではなくても、長時間パソコンに向かっているときは定期的にストレッチを取り入れることで、肩こりや眼精疲労を軽減することができます。

ストレッチは全身の血流を改善する効果が期待できるため、運動前のウォーミングアップや眼精疲労対策だけでなく、ダイエットにもなります。ダイエットのポイントは継続です。できるだけこまめに、1日のなかで数回に分けてストレッチをする方法が代謝、燃焼率が上がるのでおすすめです。ダイエット作用がより期待できるストレッチをするには、就寝前にストレッチをする習慣をつけるといいようです。

体に負担がかかるような動かし方はせず、気持ちいい具合を維持するつもりで体を十分に伸ばしていきましょう。気持ちもゆったりして、よく眠れます。運動によるダイエットを実践する場合も、実はストレッチがカギになります。

ウォーキングやジョギングをしているのに、思った以上にダイエット効果が出ない人は、是非運動をする前にストレッチをしっかりやってから始めてみてください。

ストレッチによって血流を改善してから運動をすれば、運動による効果がダイエットにつながりやすくなるといえるでしょう。20分程度じっくり体を動かすことで、本格的な運動での燃焼率が一層高まります。体を動かしてダイエット効果を得たいという場合、少し時間を作ってストレッチをしてからがいいでしょう。

スポンサードリンク

ダイエット効果も見込めるストレッチ

ストレッチを活用することによって、ダイエットにも役立つ運動ができるでしょう。ダイエットを目的としてストレッチに取り組んでいる人は少なからずいるようです。

ストレッチでダイエット効果を得るには、どのようなことをすべきでしょう。オーソドックスなストレッチでは、全身の筋肉をしっかり伸ばすことが重要になります。ストレッチを全身に対して行うことで姿勢も改善され、プロポーションも良くなりますので、全身まんべんなく行いましょう。

簡単なストレッチと言えば、ラジオ体操なのです。誰でも知っている運動なので、動きに悩むこともありません。バランスも取れているので、動きをゆっくりすることで、ストレッチによるダイエットの効果を高めることもできます。

ラジオ体操でダイエット運動をする場合は、一つ一つの動作を大きめに、曲げ伸ばしを丁寧に行うことです。ストレッチのつもりでラジオ体操をすると短時間では済みません。体全体を回す運動や大きくひねる運動がラジオ体操には組み込まれていますが、これらはストレッチだけでなくたるんだ部分をキュッと締めてくれます。

ダイエットを目的とした運動の欠点は、繰り返し繰り返し同じ動きを続けていると、いつか楽しみも半減してしまうことです。飽きてやる気がなくなったことが、ダイエット挫折のきっかけだという人もいます。

時間をかけずにラジオ体操としてストレッチをすることで、毎日運動をすることに対する抵抗感を薄れさせることができます。1回1回の行動が負担にならないものだとしても、毎日のストレッチ運動はダイエットに効果的です。