体操でダイエット

ダイエット効果がある体操

骨盤体操・ラジオ体操・ダンベル体操

  
ダイエット選びで悩んでいる人も安心してください。太りにくいカラダ作りにかかせないのが「運動」です。有酸素運動で体脂肪を燃焼する効果的なエクササイズの中から、体操を利用してダイエットをしたい人のために紹介しています。

骨盤体操によるダイエット


意外にも多くの人が、骨盤体操でダイエット効果があるということを感じているようです。
密接な関わりが、骨盤のゆがみとダイエットの成否とにはあります。普段から姿勢を意識せずに生活していたり、筋肉が運動不足で衰えてくると骨盤に歪みが少しずつ生じてきてしまいます。

脂肪が蓄積されやすい体に、骨盤が歪むことで血行不良や代謝の低下して、なってしまうということです。正しい位置に骨盤の歪みを戻すことで、ダイエット効果を得ようというのが、骨盤体操という体操です。いろいろと骨盤の矯正には方法があります。骨盤の歪みを矯正するには、体操だけでなく、ダンスや矯正器具で行うという方法もあります。

骨盤の矯正方法は自分に合うものを選ぶことが、ダイエットを成功させるコツだといえます。左右に歪んでいる場合と、前後に歪んでいる場合とが、骨盤の歪みにはあるようです。歪みの影響が現れるのは、姿勢の傾きや体のコリなどです。歪み方を把握してから骨盤体操ダイエットを行いましょう。毎日体重をはかって客観的な情報を得てみたり、テレビを見ながらや家事の合間にできるように体操を行うなどの工夫も、骨盤体操ダイエットを長続きさせるためには大切なことです。

毎日手軽にできる初めての人にとっても取り組みやすい骨盤体操もあり、最近では1分間骨盤体操ダイエットという簡単な方法も人気があるようです。

ラジオ体操でダイエット


ダイエット効果があるといわれているものに、ラジオ体操があります。どんな人でも子供の頃に、ラジオ体操をやった経験があるに違いありません。本来国民の健康のために考案された運動だったのが、ラジオ体操です。子供から老人まで無理なく体操ができて、体じゅうの筋肉の曲げ伸ばし運動が含まれた体操になっています。

ラジオ体操を行えば、全身の血流を促進し筋肉をほぐす効果があります。ストレッチやヨガのような動きも組み込まれており、代謝を促進し体脂肪をゆるやかに燃焼させる効果が期待できます。ダイエットにぴったりの体操といえるのが、ラジオ体操ではないでしょうか。それほど毎日の取り組みも苦にはならないのは、音楽に合わせて体を動かすからでしょうか。テレビで毎朝同じ時間に放送されているので、生活習慣として行うのもおすすめです。決まった時間にできない方はビデオに録画して都合の良い時間にラジオ体操をしても良いでしょう。

止めるところではしっかり止めること、呼吸を意識して行うこと、曲げ伸ばしをきちんと行うことが、ダイエットをラジオ体操でする場合には不可欠です。しっかりとラジオ体操を行えば、軽く汗ばむくらいの運動になり心拍数は上がってきます。ラジオ体操の効果はダイエットだけでなく、肩こりの軽減や腰痛対策にもおすすめなのです。

第1・第2と合わせても、ラジオ体操は7分程度の運動ですので、わずかな合間の時間にもできるのが良いところです。毎日の生活にラジオ体操を、起床直後でも就寝前でも良いので組み入れて、ダイエットに活用することがおすすめです。

ダンベル体操によるダイエット


ダイエットをダンベル体操によって実践している人はけっこうたくさんいます。軽い運動をダンベルを持ってすることで筋肉量を増やし、基礎代謝を高めてダイエットすることができるのです。食事制限のダイエットなどではどうしても筋肉が減ってしまいがちです。

並行してダンベル体操などを行い筋肉を鍛える必要が、ダイエットのためにはあるのです。注意しなければならないのは、筋肉が減り基礎代謝が低くなるとダイエット効果も半減してしまうことです。ペットボトルでも水を入れた500ミリリットルのものであれば、ダンベルの代わりとして十分です。毎日15分程度のダンベル体操で十分ですので、起床後や寝る前などのちょっとした時間にできます。ダンベル体操ダイエットのいいところは、気になる部分を集中的にダイエットができる点です。腹筋、背筋、腕、肩の筋肉など、ピンポイントで筋肉を鍛えることができます。

おすすめなのは、二の腕のたるみが気になる、お腹まわりを引き締めたいというような方々です。ダイエットに効果的なダンベル体操をするには、反動をつけずに体を動かすこと、呼吸を止めずに体操をすること、準備運動はしっかりしておくことが大事です。立って体全体を使うダンベル体操もありますが、椅子に座ったままできるダンベル体操もあります。ダイエット効果がすぐに現れるものではありませんが、ダンベル体操を3ヶ月ほど続けることで、ダイエット効果が確実に現れてくることを実感するのではないでしょうか。

Copyright (C) ダイエッターの憂鬱 All Rights Reserved.