ダイエットの停滞期対策

停滞期対策をしっかりすると、ダイエットの成功率は飛躍的に上がる

 

From:  停滞気味ダイエッター
Date:  

イエットの停滞期とストレス

ダイエット中にストレスが高まる時期といえば、停滞期です。

ダイエットをしている時は、ストレスを感じやすいようです。食べたいものを我慢したり、運動を毎日続けていくことは、よほどの達成感や充実感がないとダイエットはなかなか長い期間継続していくことは難しいもの。

多くの人が、ダイエットにとり組む時間は短く済ませたいと思っているようです。正しくダイエットをすすめていくには体重を一気に落とすのではなく、ダイエットの停滞期を乗り越えながら段階的に落として行かなくてはなりません。

停滞期には個人差がありますが、2週間〜1カ月程度あります。停滞期に入るとそれまで減り続けていた体重が減らなくなるため、精神的なストレスになります。体重が減らないからと落ち込んだりせず、それまでと変わらないダイエットメニューを継続してください。

停滞期は、減量期の前後にあるものですから、階段の踊り場と捉えて、気に病むことは全くありません。ただし、停滞期に入ると状況に変化が起きなくなりストレスが貯まり、ストレス解消のために過食してしまう方もいます。せっかくここまで順調に痩せたのに、停滞期のたびに気持ちが焦っては、どんなダイエットをしても決して成功することはないのです。

停滞期に入ると体重が減りにくくなることが事前に把握できていれば、ダイエット効果がでにくい時期に入った時のストレスが緩和されます。ダイエットに取り組んでいるのに体重が減らないと悩むのではなく、今は停滞期なのだという認識を持つことが可能です。

スポンサードリンク

イエット停滞期のはじまり

ダイエットをしていると、どんな人に対してであれ停滞期は訪るものです。ダイエットを始めてから2週間ほどは脂肪がきちんと減っていくものですが、その後しばらくするとふっつりと体重が減らなくなってしまいます。

体重の減少が鈍化することが停滞期の開始のサインです。停滞期に入ると気持ちばかり焦ってしまいがちですが、心配することはありません。ダイエットの停滞期は誰にでも訪れるものなので、逆に停滞期を上手に乗り切ることで、ダイエットの成功にも近づきます。

本来人間の体はダイエットをして体重が減り始めると体が飢餓状態だと認識し始めます。体ができるだけカロリーを使わないことで、低カロリー食などに体を順応させようとします。

停滞期とは、飢餓状態に対応しようとしている体がエネルギー効率を極端に落とすために、運動や食事制限でも体重が変わらなくなることです。ダイエットをする人の中には、停滞期中でも体重を減らそうと焦って、運動をきつくしたり食事を極端に減らす人もいます。

しかし、そのような事をしては体への悪影響になってしまうことがあります。停滞期でも、マイペースでこれまで通りのダイエットメニューをこなすことが大事です。停滞期は永久に続くわけではありません。

期間は人によって異なりますが、ダイエットに取りかかってから5週間もすれば停滞期は終了し、体重は減っていきます。停滞期に入っても気に病みすぎたり慌てたりせず、誰でも通る道だと思って淡々とダイエットを続けていくことが、停滞期脱出の道です。

スポンサードリンク

イエットの停滞期を乗り切る

停滞期は人によって長さが違いますが、長くても1カ月ほどで終わるため、ダイエットをやり通す見込みは立ちます。個人差もありますが、一般的に女性の方が男性よりダイエットの停滞期が長いと言われています。

ダイエットの停滞期のはじまりです。どうして急に痩せなくなったのだろうと焦りが出ますが、あわてる必要は全くありません。ダイエット中の停滞期は、マイペースでやり過ごすようにすることは大事です。

停滞期をくぐりぬけるためには、ダイエットを継続することが大事です。停滞期に入っても体重を減らし続けようと、運動量やカロリー制限量を増やすとそのせいでストレスが貯まり、ダイエットがうまくいかないきっかけになります。

2〜3ヶ月も停滞期が長く続き、全く痩せる気配がないようであれば、ダイエット方法自体を見直す必要があるかもしれません。体に必要な栄養が全く足りていなかったり、生命維持に必要なカロリーすら摂取できていなければ、栄養失調になっていることがあります。

食事だけでのダイエットでは限界があるので、ダイエットに適した内容の運動を適度に取り入れてみることも大切です。体の中に蓄積されていた脂肪は、停滞期が終わって体が通常モードに戻った時からエネルギーとして使われ出します。

基礎代謝を下げて少ないカロリーで生命維持を行おうとする停滞期は、長く続くものではありません。停滞期の終わった体は以前と同様にエネルギー代謝を行うため、ダイエットをしても停滞期が永久に続くことはありえません。

スポンサードリンク

しいダイエットの方法

世の中には無数のダイエット方法がありますが、一体どのようなダイエット方法が適切なのでしょうか。ダイエットにいいとされる方法はいくつも存在していますが、効果が期待できるのはごくわずかです。

いくら熱心に取り組んでもダイエット効果があらわれないような方法もありますので、どのダイエットがいいかをじっくり考えることが大事です。健康状態の改善効果のあるダイエットを目指すなら、食べるものと運動量に目を向けましょう。

体を動かすだけ、摂取カロリーを減らすだけといった単発的なダイエット方法は、効果的とは言い難いようです。リバウンドのリスクも高くなりがちですので、できれば異なる方法を選びましょう。

食事に関しては、大幅に減らしすぎたために栄養が著しく不足し、具合を悪くしてダイエットどころではなくなってしまうこともありますので、十分に注意をする必要があります。

美しい体型とは、体重やサイズだけでは判断はできません。 とにかく細くなりたいという願望だけでダイエットをしても、魅力的な体にはならないのです。適切なダイエットを望むのであれば、栄養の偏りのない食事を1日3回きちんと摂取し、体を動かすようにすることが求められます。

簡単に体重は落ちないので、長期戦で行うという覚悟も必要です。ダイエット中はストレスもたまりやすくなります。強固な意思力でダイエットを達成することも良いことですが、気張りすぎるとやる気がぽっきり折れてしまうこともあります。

ダイエットを成功させるには、ストレスをためない方法や解消させる方法も必要といえます。

違ったダイエット方法

世の中には様々なダイエット方法がありますが、うまくいかないダイエットに単品置き換え型のダイエットがあります。バナナやりんごを用いるダイエットがよく知られていますが、簡単ですがやる気が長く続かないダイエットのようです。

一つの食べ物ばかり食べ続けるダイエット方法は効果もいまひとつで、継続することが難しいといいます。リバウンドの面からも、栄養が偏りやすく体に良くないこの方法は、行うべきではないとされています。

食事をダイエットフードに置き換える方法もよくあります。特に肥満度の高い人の場合、短期間で一気に痩せる効果があるので、とても魅力的です。ただし、この方法は継続がしづらいという欠点があります。

また、ダイエット食品での食事をしている間はいいのですが、従来の食事に戻すと体型も元通りになってしまうこともあります。ダイエット食からダイエット前の食事に戻す時に、体重までダイエット前に戻ってしまわないようにしたいものですが、多くの場合は戻ってしまうようです。

本来ダイエットとは痩せることではなく、健康な体になるというのが正しい意味なのです。健康的な体重である人が、より細くなろうと行うダイエットは必要ないと言えるでしょう。

間違ったダイエット方法を続けていると、最悪摂食障害になることもあります。本当にダイエットの必要があるのか確認しましょう。健康のためにダイエットをする必要がある人でも、どのくらいのダイエットをすべきか目標と方法を見極めることです。

康にもいいダイエット方法

最近は、数多くのダイエット方法が世間を賑わせています。色々なダイエット方法が関心を呼んでは流行の波を産み、ダイエットに必要な食材がスーパーやディスカウントショップで売り切れてしまうこともあります。

とはいえ、ダイエットには流行があり、忘れられていくダイエットもあります。流行の波とは関係なく常に多くの人が取り組むダイエットとして、有酸素運動ダイエットがあります。ウォーキングやジョギングでのダイエットです。有酸素運動は、少なくとも30分以上は継続する必要があります。

また、気長に取り組まなければ、有酸素運動のダイエットでは効果は現れません。毎日の有酸素運動は、ダイエットに良いと共に健康的な体作りにも効果的ですので、ぜひ挑戦してみてください。

和食中心の低カロリーの食事もダイエットの方法としてすでに有名です。和食を食べて現在まで命をつないできた私たち日本人は、和食を消化吸収することに体が馴染んでいると言われています。特に納豆や豆腐といった食品はさまざまなダイエット方法にもよく用いられています。

普段の食事にも取り入れやすいので、積極的に利用するようにしましょう。適切な運動と適切な食事、偏りのない栄養摂取と十分な睡眠は、実は最もダイエットに適した取り組みだと言われています。極端なダイエットを実践したために、体に負荷がかかっては意味がありません。

ダイエットでは、特別な方法を実践するより、生活習慣の不規則を正し、食事内容を健康的なものに切り替え、体を動かすようにする方がいいということもあります。

Copyright (C) ダイエッターの憂鬱 All Rights Reserved